FC2ブログ

3度目の悪性リンパ腫 ~闘病日記~

病名『悪性リンパ腫 非ホジキン型 びまん性 大細胞型 B細胞性 リンパ腫』 1度目の悪性リンパ腫は19歳。2度目は29歳。現在は39歳で3度目の悪性リンパ腫の闘病日記を記しています。 また過去の記録として2006年4月生まれの長女ほのちゃんの妊娠中~子育て日記、ワンコ日記も多々もあります♪

2018/11/07 [Wed]

婦人科セカンドオピニオン&誤診&ドクターハラスメント?



婦人科…再び!!


【子宮内膜増殖症ではなかった!!】




10月16日、
近所の婦人科で行った検査があまりにも激痛だったため、

&

「自然に任せていて良いか」
が心配だったため、


血液内科でお世話になっている

総合病院の婦人科で、

診ていただきました。

(セカンドオピニオン)




●超音波検査

●内診



結果、まったく問題がありませんでした。



あと、以下を総合的に判断すると、
閉経している可能性が高いそうです。




201811070926373bc.jpeg


●子宮の大きさが通常の人より小さい

(点線で囲まれている部分が通常の大きさ)

●FSH(卵胞刺激ホルモン)の値、

●E2(エストラジオール)の値、





近所の婦人科で診て頂いた時は、

「出血」があったためか?子宮内膜増殖症と診断されましたが、



婦人科の方は「まったく問題ない」ということで、

心からホッとしました。



今回の心配事は、
他の病院、他の先生に診て頂いたことで、

心理面でも負担が減ったので、
勇気を出して診察していた、
本当に良かったです!



●今後は半年に一度の頻度で受診


●不正出血があればすぐに受診



をおすすめされました。



ちなみに、痛くなかったです!

あ〜、良かった\(^-^)/




20181016120525e17.png



主人との情け無いライン!笑笑






ここからは余談ですが、

前の婦人科(近所の婦人科)では、

内診中&検査中に

「妊娠していないね?」

「本当にセックスしていないんだね?」


と言われ、ものすごく精神的にも苦痛でした。


問診でその旨、伝えているのに、

5〜6回、ドクターハラスメントとも思われる発言があったので、

2度と行きません!!




病院選び、大事!!!!!








普段の様子はInstagramにて♪
ユーザーネームはf.rippeeです。

宜しければフォローお願い致します。

こちら




悪性リンパ腫…他の方のblogはこちらをクリック!
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村




悪性リンパ腫ランキングへ


















スポンサーサイト
2018/10/09 [Tue]

発熱&主治医が変わりました





20181009213232ee8.jpeg


娘の風邪をもらってしまいました。


昨夜、寒気がするなぁ、と思ったら

39.2℃( ̄▽ ̄;)



本日、朝イチでかかりつけ医で診て頂きました。



10月ですが、

一応インフルエンザの検査→陰性


採血し、

CRP→8.25


炎症反応が高いです。






服用薬のんでから、現在は平熱ですが、

また深夜に熱が出ないと良いなー、と思っています。




発熱の頻度は

昨年の10月、

今年の6月、

今年の10月(今回)


とこんな感じです。



今回の発熱は処方薬がよく効き、

39.2℃出たわりには体がラクです\(^-^)/






●クラリス錠200

●カロナール

の処方あり







さて、10/3に血液内科の定期検査がありました。


主治医の先生が変わり、


Dr.は優しい男性の先生に診て頂きました。


先生は10/1から移動になった、とのことでした。




血液検査の方は

診察&血液検査→6週に1度


CT→3ヶ月に1度


で、次回、CT撮ります。



甲状腺は4ヶ月に一度の頻度で
エコーと血液検査で経過観察しています。




●婦人科の受診希望を出しました




やはり、治療した病院の婦人科で
他の先生のご意見を伺いたいです。





●主人が献血に行ってくれました。


201810092136106b3.jpeg



有難いですm(._.)m


献血してくださる方がいらっしゃるおかげで、
今、私は生きることが出来ています。


本当にありがとう!





他にも仕事のことや治療中〜脱ヅラまでの記録など、
書き記しておきたいことが多々あるのですが、

今日はこの辺でm(._.)m



病気療養中の皆様が少しでも笑顔になれる瞬間がありますようにm(._.)m





~~~~~~~~~~~~~~~~

普段の様子はInstagramにて。
宜しければフォローお願いします!

ユーザーネーム→f.rippee

こちら


~~~~~~~~~~~~~~~~

献血ありがとうございます
日本赤十字社のホームページ

健康な方
骨髄バンクへの登録

妊娠中、妊娠予定の方
臍帯血(さいたいけつ)の提供


優しさと勇気で繋がる命があります。
ありがとうございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~

がんの冊子(国立がんセンター)
がんと言われたらまずは国立がんセンターのサイトを見てください。
どうか、正しい情報をお集め下さい。


がん制度ドッグ
お金に関することをまとめてチェック出来るサイト

~~~~~~~~~~~~~~~~~




にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村




悪性リンパ腫ランキングへ






2018/09/10 [Mon]

子宮内膜増殖症&生理、再スタート??





◎ 自家移植から無事に2年が経過しました(^人^)



先日、子宮頸がん、子宮体がん、病理検査(組織診)、の検査をしました。




●診断結果→子宮内膜増殖症


(また病気が増えてしまった!)



まとめると、

①リンパ腫
→経過観察続行
→6週間に1度の頻度で血液検査と診察と
3ヶ月に1度の頻度で単純CT


②甲状腺クラス3
→4ヶ月に1度の頻度でエコーと血液検査と診察


③中性脂肪値が高い
→服用薬【ベザフィブラート】の服用(夕食後、1錠)


④脂肪肝(前回のCTで判る)


⑤子宮内膜増殖症


⑥パニック障害、不眠などの精神的なもの
(10年くらい前から)



どんだけ〜〜〜!!!(←死語?)






※ 子宮内膜増殖症には、
タチの良いのと悪いのとあって、
私はタチの良い方らしい。

←Dr.の説明はこんな感じ



※ 不正出血があったら、再受診、


※不正出血なくても1年に1度は検査を受ける


ただ、不正出血といっても生理か不正出血かどうかの判別が難しいので、

やたら間隔が短かったり、長かったり、
出血量が多かったり、
そんな状態ならすぐに受診、ということでした。



生理を止めたい希望があれば、
【リュープリン】を使用する、とのお話もありましたが、
今回は自然に任せることにしました。



【リュープリン】は、2年前の治療で血が止まらなくなる可能性があったため(薬の副作用による血小板の減少)、


入院中は1ヶ月に1回、
皮下注射を受けて、生理をコントロールしていました。







では、詳細↓


2018.08.27〜09.01


day+726

生理開始?不正出血???

突然の出血に驚き、

自宅トイレで「えーっっっ!!!」と騒いでしまいました。


…ということで、8月27日、

近所の婦人科を訪れました。



病歴を書くのが面倒なので、

A4用紙にまとめて、

ついでに血液データも持参しました!



・内診

・超音波検査

・子宮頸がん

・子宮体がん

・病理検査(組織診)



の検査をしました。

検査結果は10〜14日後に出るそうです。
(本日、聞いて来ました)




●出血はしばらく続きそう、と先生から話
→6日間続きました。


●抗生物質(オラセフ250mg)1日3回×3日間

(抗生物質を飲まなければならないほど、
グリグリされてしまいました)



検査はとにかく激痛。

個人差があると思いますが、もう痛くて痛くて。


マルクの方がまだマシ(^_^;)





検査が終わっても、
まだ下腹部全体が痛くて、

車の運転もしばらくできませんでした。


(翌日には痛みはなくなりました)


数日前から(お盆頃)便秘、吐き気、胃痛などの生理前の症状もあったので、

私的には生理ではないか?と予想していますが、
【子宮内膜増殖症】とのことで、要経過観察、という感じです。



※ 生理があることで、【骨粗鬆症】のリスクが減ります!!

しかし、本当の閉経後に再び更年期障害になるかもしれません。





今年7月の女性ホルモン値です↓

20180910165653779.jpeg




◎婦人科の受診は移植前の検査以来、約2年ぶりでした。





〜参考〜


●子宮内膜増殖症とは

子宮内膜は子宮の中の腔(空間)を覆っており、
月経周期に伴って分厚く増殖し、
月経の際に剥がれ落ちるというサイクルを繰り返しています。

子宮内膜増殖症とは、
子宮内膜が異常に厚く増殖した状態を指します。

場合により子宮体がんの発生原因となったり、
あるいは子宮体がんが隠れていたりする場合もあり、
注意が必要な疾患です。



●原因

子宮内膜の変化には女性ホルモンが関与していますが、
子宮内膜の増殖作用があるエストロゲンがさまざまな要因により過剰な状態になることで生じます。

エストロゲンが過剰な状態となる原因としては無排卵、エストロゲンを主成分とするホルモン剤を内服している場合、

月経周期の後半で作用するプロゲステロン(排卵後に作用する女性ホルモン)の分泌が少ない状態 (黄体機能不全)、
多嚢胞性(たのうほうせい)
卵巣症候群などが挙げられます。

また、肥満や高血圧、糖尿病なども子宮内膜増殖症になるリスクが高いとされています。

さらに子宮内膜の過剰な増殖状態が続くことで、
内膜を構成する細胞の遺伝子に傷が蓄積し、
正常でない状態 (異型細胞と呼ばれます)となることが知られており、
異型細胞が増殖を繰り返すことで子宮体がんの発生母地(前がん病変)となる場合があります。

子宮内膜増殖症は子宮内膜を構成する細胞の異型の有無に応じて2つに分類され、
細胞に異型のない場合は「子宮内膜増殖症」、←【私はこっち】

細胞に異型がある場合は「子宮内膜異型増殖症」と呼びます。

「子宮内膜増殖症」は、
癌化率が2%程度と低いですが、
「子宮内膜異型増殖症」は癌化率が20%程度と高いことが知られています。




●症状

最も多い症状は不正性器出血で、
月経でないのに出血がある状態を指します。

その他、月経時に増殖し厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちることによって、
通常より月経量が増え(過多月経)、
これにより貧血や動悸などの症状がみられることがあります。








●子宮頸がん検査・・・膣から機械を挿入し、
子宮の入り口である子宮膣部、頸部の細胞を採取します


●内診・・・医師が膣に指や機械を入れて、
おりものの状態をみたり、子宮や卵巣の硬さや大きさ、
また痛みを伴うかなどを診察します


●子宮体がん検査・・・子宮頸部よりもさらに奥にある、子宮体部の検査をします。
子宮内膜(生理で剥がれ落ちる部分)の細胞を採取します







普段の様子はInstagramにて♪
ユーザーネームはf.rippeeです。

宜しければフォローお願い致します。

こちら




悪性リンパ腫…他の方のblogはこちらをクリック!
にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村




悪性リンパ腫ランキングへ















2018/08/30 [Thu]

95歳、祖母の生命力‼️‼️‼️



95歳の祖母の手術が成功しました‼️‼️‼️

昨年の9月に大腸がんが判り、
腸に管を入れる手術をしたおばあちゃん。


それから1年。


少し癌が大きくなってしまったせいか、
また今年の夏に嘔吐や便秘など調子が悪くなり、
食事が取れない日々が続いていました。


医師から提案されたのは2択。




①胸にポートを埋め込み、
高カロリーの輸液でいけるところまで行く
(死ぬまで食事は出来ない)



②もう一度、手術をする。
ただし、成功率は五分五分。




家族会議の結果、
②の手術を選択し、
無事に成功しました。
(今週の月曜日)



今日から重湯で食事もゆっくりスタート‼️

おばあちゃんの生命力、
見習いたいです‼️



Instagramに8/15撮影の動画を載せました。



孫(私)とひ孫(娘)に、
お小遣いを5万円ずつくれる、という話をしています。


自分が入院中なのに、そんな事まで気にかけてくれるおばあちゃん。


私は辞退しましたが、娘はもらうのかな??
手術が成功した記念にもらっておいても良いかな😅



②にかけて良かった。
だけど、半分の確率で今頃は空へと旅立っていた。

年齢も95歳、しかも認知症なので、
家族会議するしかなかったのですが、、
選択は難しいですね。


20180830132557994.jpeg

手術の前に、
米子の不動寺と小布施の癌封じで有名な浄光寺へ
お参りに伺い、
またステキな教えと出会いました。




普段の様子はInstagramにて♪
ユーザーネームはf.rippeeです。

宜しければフォローお願い致します。

こちら




にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村




悪性リンパ腫ランキングへ













2018/08/28 [Tue]

脂肪肝!!! 退院して700日が経過!




8月13日に単純CTと血液検査、

8日15日に血液内科での診察がありました。


※ 今回からCT検査と診察が同じ日にできなくなってしまいました。

診察前に第三者の目を入れる、との説明がありました。




さて、結果ですが、

ワタクシ、【脂肪肝】になってしまいました。


20180828153744400.jpeg



自分なりのベスト体重は53キロ。


再々発して入院した時は48キロ。

(短期間に1割減るのは異常)



そしてこの時、61キロ。




まあ、よくこんなにも大きくなってしまいました。。。


肝臓に脂肪もつくのも納得です。




原因は色々あると思いますが、



・ステロイドの大量利用

・中性脂肪値の増加(治療中)

・生理がこなくなり女性ホルモンの減少

(治療中はリュープリンでコントロール)

・食欲の増加

・運動不足




など、だと思います。


生活習慣に気をつけなければなりません。





退院後のわたしは、


ゆっくり好きなものを食べて〜、

のんびり〜、


でしたからね(^^;;



ここらで気を引き締めなければ‼︎



ただ、好きなものはやっぱり食べたいのです。

我慢ばかりの人生にはしたくありません。



つまり量の問題です‼️‼️



20180828155244d7c.jpeg





それから、主治医の先生が次回の診察から交代になる、
とお知らせを受けました。


「えっ、もう先生に診て頂けないのですか?

と聞いたら、

落ち着いている患者さんは他の先生に交代となり、
先生はしばらく総合内科と血液内科をかけもち、
その後、総合内科へ移動になる、

と説明してくださいました。



寂しさと感謝の気持ちで泣いてしまいました。


本当にいつも丁寧で的確な診察と治療をして頂きました。

先生‼️

ありがとうございました‼️









にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村




悪性リンパ腫ランキングへ










普段の様子はInstagramにて♪
ユーザーネームはf.rippeeです。

宜しければフォローお願い致します。

こちら


 | HOME |  »

プロフィール

け~

Author:け~
ブログのタイトル通り、悪性リンパ腫を3度、患いました。

19歳で右胸に腫瘍。オペ→放射線治療。

出産後すぐの29歳で授乳していた左胸に腫瘍。
化学療法CHOPとリツキサン→放射線治療。

39歳、右下肢に腫瘍。
2016年6月1日から9月27日まで入院し、
救援化学療法のESHAP療法+リツキサンを3クール
→大量化学療法+自家移植→放射線治療をしました。


病気から大切なことに気づき、
多くの事を学び、治療のことだけでなく、心理面での動きもたくさん書いてあります。

1週間、1日、1時間で、
体調や感情が大きく変わることがありました。
時々、ブログも全部消してしまいたい衝動にかられることもありましたが、退院日まで綴ることが出来て良かったです。

コメントは現在、受け付けない設定ですm(_ _)m



ブログの旧タイトルは「コーギーとほのちのブログ」でしたが、
現在は闘病日記が主になりましたので、タイトルの変更をしました。

コーギーに興味のある方はリンクの「ぼく、しおん。」(放置中)をどうぞご覧下さいね!

ここちゃん、いくつになったの?

*script by KT*

FC2カウンター

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコードメーカー



by ajaxblogparts

時計

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: