3度目の悪性リンパ腫 ~闘病日記~

病名『悪性リンパ腫 非ホジキン型 びまん性 大細胞型 B細胞性 リンパ腫』 1度目の悪性リンパ腫は19歳。2度目は29歳。現在は39歳で3度目の悪性リンパ腫の闘病日記を記しています。 また過去の記録として2006年4月生まれの長女ほのちゃんの妊娠中~子育て日記、ワンコ日記も多々もあります♪

2016/12/08 [Thu]

登校拒否 〜がん患者と家族〜



12月8日、木曜日、day+97


月曜日〜水曜日と3日連続、登校拒否したホノカ。
現在、小4。


1日目は腹痛。


2日目、3日目は
朝、『学校に行きたくない。』と泣いちゃいました。

頭ごなしに『行きなさい。』と言うのではなく、
まずはホノカの言い分を受け入れよう。


本当は学校へ行って欲しいけれど、

『うん、分かった。お休みしよう。』

とわたしは言いました。







3日目にもなると、本人も勉強の遅れが気になるらしく、
一緒に勉強をしたり、


美味しいものを食べれば元気が出るかな〜?
とケンタッキーにポットパイ(←10歳児は感動していた!)とチキンを買いに行ったり。



一日中、

一緒にいて、

勉強もして、

お昼寝もして、

テレビを観て、

話をして。





そしたらね、

休み時間に話す子が居ないと言う。

正確には、
今までは休み時間に読書をする事がホノカの日課で、

友達は居なくはないけれど、
学校では基本的に消極的。

本当に仲良しの子がたった1人居てくれて、
その子とだけお話出来れば嬉しい、というタイプ。


仲良しの子が他の子と話して、
ホノカが嫉妬してしまっているのだと推測。

いろんな子と関わりがあるのは、
むしろ当たり前だと頭では分かっているはず。


輪に入りたいけれど、入りにくい、
分かっているけれど、ちょっと苦しい気持ちがするんだよね。



自分のことだけを見ててくれないと嫉妬する、
というのはわたしに対してもそうで、
幼稚園の頃から先生やママ友と話す事は【ホノカと一緒では】困難だった。


『ママ!』と繰り返し呼び、
とにかくその場から、わたしを連れて(?)立ち去る事に必死だったホノカ。



本人は
『なんでホノカと一緒に居るのに他の人と話すの?』
と言わんばかりのヤキモチ焼き。


今も自分の事をよく見てくれていないと腹を立てる。


テレビを一緒に観ていて、他の事をわたしがすると
『ママ!テレビ、観て!!』とテレビから目をそらすだけで怒られてしまう(^^;;


短所的な言い方をすると、自己中ってやつです。



仲良しのお友達に対しても同じような気持ちでいるんだろうな〜。

高学年になるにつれて、女の子同士って難しいしな〜。






…というのは、
もしかしたら【欠席したい理由】で、、、



たぶんですが、↑の件ももちろんあるのでしょうが、それより


わたしに甘えたくて、
もっと一緒に居たくて、
学校を休んだのでは!?

と思っています。


学校に行きたくないのではなくて、
家に居たい。


ママと一緒に居たいから学校を休む。




6月からわたしが入院して、
ホノカはママの居ない生活をすっごく頑張ってて、

なんか、今になって疲れちゃったよ〜〜、って感じ。


わたしの思い上がりでなければそんな感じ。


たぶん、そう。




『どうして一緒に寝てくれないの?』

…これも最近、しばしば言ってたよね。


理由を説明して、
頭で理解することはできても、
心は追いつかないよね。


もしかして、また入院しちゃうの?とも思っていたかもね。



悩んだり心配したりで、
ホノカも疲れちゃったよね。

頑張りすぎちゃったかな。


ママの居ない期間、頑張って学校へ行ったもんね、

偉かったね。

本当に偉かったよ。


だから、昨晩は特別!
一緒に寝ちゃいました。

(主治医の先生の許可なし)







がん患者にはいろいろな想いがある。


その一方でがん患者の家族も
患者と同じように、
いろいろなものを抱えて生きているのです。



ホノカが学校を休んだ理由について、
ホノカの担任の先生にすぐに伝えて、
早急に相談させて頂きました。


仲良しのお友達からも

『明日、待ってるよ〜♫』

ってお電話頂いて。


昨晩は
『ホノカ、明日は学校へ行きたい!』
と笑顔&元気に言い、
今日は登校しました。



担任の先生、ホノカの仲良しのお友達、
すぐに対応して下さって、
ありがとうございました。




明日はどうだろ。
行けるかな。

…と少し不安は残りますが、

今日、笑顔で帰ってきてくれると良いな〜と思います。






日本はまだまだ癌に対して隠したがるところがあると思います。


理解が足りない分もあると思います。


…癌になった自分が悪い、みたいに。


悪くもないのについ『ごめんなさい。』
って様々な場面で言ってしまいます。


今回、移植という治療をして、
退院後も生活面で多くの規制があり、
以前よりも強くそう思いました。




わたしは、

癌に対して
もっとオープンに、
もっと周りを頼っていこうと思います。


きっと病気になっていなかったら、

担任の先生にすぐに相談していなかったと思います。



今日のブログで言いたいことは、

癌に対してもっと理解が深まり、
もっと皆んなで癌に立ち向かえるような世の中になってほしいな、

と願っている、ということです。




なんだか、話が大きくそれたような気もしますが、

いろんな事をオープンに、元気に、過ごせると良いです♫












にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
にほんブログ村



悪性リンパ腫ランキングへ



献血
日本赤十字社のホームページ


健康な方
骨髄バンクへの登録


これからあかちゃんが産まれるよ!という方は

臍帯血(さいたいけつ)の提供


勇気と優しさで救われる命があります。
ありがとうございます。


あなたがガンと言われたら






スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://xcancorgi.blog23.fc2.com/tb.php/599-6516d6c9

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

け~

Author:け~
ブログのタイトル通り、悪性リンパ腫を3度、患いました。

19歳で右胸に腫瘍。オペ→放射線治療。

出産後すぐの29歳で授乳していた左胸に腫瘍。
化学療法CHOPとリツキサン→放射線治療。

39歳、右下肢に腫瘍。
2016年6月1日から9月27日まで入院し、
救援化学療法のESHAP療法+リツキサンを3クール
→大量化学療法+自家移植→放射線治療をしました。


病気から大切なことに気づき、
多くの事を学び、治療のことだけでなく、心理面での動きもたくさん書いてあります。

1週間、1日、1時間で、
体調や感情が大きく変わることがありました。
時々、ブログも全部消してしまいたい衝動にかられることもありましたが、退院日まで綴ることが出来て良かったです。

コメントは現在、受け付けない設定ですm(_ _)m



ブログの旧タイトルは「コーギーとほのちのブログ」でしたが、
現在は闘病日記が主になりましたので、タイトルの変更をしました。

コーギーに興味のある方はリンクの「ぼく、しおん。」(放置中)をどうぞご覧下さいね!

ここちゃん、いくつになったの?

*script by KT*

FC2カウンター

最近のトラックバック

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコードメーカー



by ajaxblogparts

時計

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: